患者さんに安心感を!色彩心理で見る医療ユニフォームに最適な色

  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師やナースといった医療従事者の「医療ユニフォーム」と言えば、これまで白衣やナース服が一般的でした。しかし、今ではポロシャツやスクラブなどを医療ユニフォームとして取り入れる医療施設が増えてきています。

 

また、その医療ユニフォームの色は、従来の定番だった白だけでなく、実に多様化しています。色の選択肢が広がる中、どの色を採用すべきか迷うこともあるかもしれませんね。

 

そこで今回は、医療ユニフォームにおすすめの色を「色彩心理」の視点で見ていきましょう。

医療ユニフォームに最適な色は「ピンク色」

「色は人の心の働きに影響を与える」。これが「色彩心理」の考え方です。今では、ホテルや飲食店などが積極的に「色彩心理」を活用し、内装や照明などに工夫をこらして空間づくりを行っています。

 

この「色彩心理」の視点で見たとき、患者さんと接する医療従事者のユニフォームとして最適な色があります。

 

それは「ピンク色」

 

ピンク色がまとう優しい雰囲気は、患者さんに安心感を与え、心を満たし、温かい気持ちにさせます。また、「元気を与える色」「相手の気持ちを支える色」でもあるため、医療ユニフォームの色にはおすすめです。

 

ピンク色は「女性の色」といったイメージが根強いですが、特に最近では、男性の中にも淡いピンク色のシャツなどを好んで着る人が多くいます。ですので、女性に限らず、男性の医療従事者の医療ユニフォームとしてもピンク色を取り入れると良いでしょう。

 

また、ピンク色を着れば、「疲労の緩和」や「痛みの軽減」といった効果を身体にもたらしてくれます。患者さんだけではなく、忙しい日々を送る医師やナースにとっても癒やしにつながることでしょう。

リラックス効果が高い「緑色」もおすすめ

また、ピンク色以外では、医療ユニフォームに適している色は「緑色」です。

 

緑は「情緒の安定・身体を癒やす色」として知られ、リラックス効果が高いことが特徴です。森林浴をしたり、観葉植物などを眺めたりしているだけで心が癒されたことはありませんか?これは、緑色の持つ力が心に作用している証なのです。

 

同系色として、ペパーミントグリーン、ライトグリーンも良いでしょう。清涼感や爽やかさがプラスされますよ。

患者さんに与えたい印象に合わせて医療ユニフォームの色を選ぼう!

冒頭に述べたように、色は人の心に影響をもたらします。今回、ご紹介した「ピンク」や「緑」を医療ユニフォームの色に採用すれば、患者さんに与える印象は大きく変わることでしょう。

 

しかし、「ピンク」や「緑」以外の色にも、それぞれ心理的効果が備わっています。よって、「その他の色は医療ユニフォームに適していない」というわけではありません。

 

色の効能を調べ、医療施設として患者さんに与えたい印象を検討したうえで、医療ユニフォームの色を決めていくと良いでしょう。

長田 正子

カラーコーディネーター

三重県を拠点に、メイクアップ、スキンケア、カラーコーデイネート、骨格診断など、一人ひとりのキレイを引き出すイメージアップサロンを主宰。企業・団体などを対象に講演・セミナーなども実施している。レッスンポリシーは、感性に頼らず、理論に基づいた内容をわかりすく、その方の個性を大切にしながらレクチャーすること。きめ細かな指導が好評を博している。■HP:http://cfe-beauty-color.com/

制服・ユニフォームのご注文は プラスワンユニフォーム 0120-703-577 月~土
  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加